IIS 6.xでマルチドメイン証明書で複数のSSLサイトを構成する

SSL マニュアル
重要なお知らせ
[2020年09月01日] サーバ証明書の更新は終了日の30日前から受付開始のご案内
[2020年08月19日] 有効期間2年の申請受付終了のお知らせ

IIS 6.xでマルチドメイン証明書で複数のSSLサイトを構成する

IIS6.xで1つのIPアドレスで複数のSSLサイトを構築するには、 コマンドラインから各サイトへバインドを行う必要があります。マルチドメイン証明書をお使いの方はこちらの手順を参考にしてください。 なお、IIS 7.xの場合は、IISマネージャから各サイトへバインドを設定できます。詳しくはIIS 7.0でマルチドメイン証明書で複数のSSLサイトを構成するをご参照下さい。

■ステップ1 現在の構成状態が下記のとおりであると仮定して作業を進めます

名前 ホスト名 ポート80 ポート443
Default Web Site www.yourdomain.com バインド済み バインド済み
www2.yourdomain.co.jp www2.yourdomain.net バインド済み
www3.yourdomain.net www3.yourdomain.net バインド済み

すでにマルチドメイン証明書はインストール済みで、追加で www2.yourdomain.co.jp のサイトにhttps(ポート443)のバインドを追加します。
サイトの名前、ホスト名はお客様の環境に置き換えて下さい。

■ステップ2 対象サイトにサーバ証明書を適用する

サイトにバインドを追加するには、コマンド ラインで次の構文を使用します。

appcmd set site /site.name:string /+bindings.[protocol='string',bindingInformation='string']

変数 site.name string は、バインドを追加するサイトの名前です。
変数 protocol string は使用するプロトコルで、変数 bindingInformation string は IP アドレス、ポート、およびホスト名の組み合わせです。

たとえば、ポート 443 上で、ホスト名なしのすべての IP アドレスに対する HTTPS バインドを持つように www2.yourdomain.co.jp という名前のサイトを構成するには、 コマンド プロンプトで、次のように入力し、Enter キーを押します。

appcmd set site /site.name:www2.yourdomain.co.jp /+bindings.[protocol='https',bindingInformation='*:443:']

■マイクロソフト参考ページ
サイトにバインドを追加する
Appcmd.exe



【ご注意】
この文書に記載されている情報は予告なしに変更されることがあります。 この文書に記載されている情報に従ってユーザが操作を行い、いかなる損害を被ろうとも、当社は一切の責任を負いません。 また、ユーザは自己の責任において使用する事に同意したものとみなされます。
-