IIS からmmcを起動して秘密鍵とSSLサーバ証明書をエクスポートする手順

SSL マニュアル
重要なお知らせ
[2020年11月05日] デジサート、ジオトラスト、ソートのサイトシールスクリプト変更のお知らせ
[2020年09月01日] サーバ証明書の更新は終了日の30日前から受付開始のご案内
[2020年08月19日] 有効期間2年の申請受付終了のお知らせ
[2020年07月11日] 申請区分「更新」等の手続きルール変更につきまして

IIS からmmcを起動して秘密鍵とSSLサーバ証明書をエクスポートする手順

IISからmmcを起動して「秘密鍵」と「サーバ証明書」をエクスポートする手順を以下に説明します。

  1. 「ファイル名を指定して実行」からmmcを起動します。
    リストされたプログラムの一覧から「mmc.exe」をクリックします。
    ※コンピュータへの変更を許可しますかのウィンドウが表示されましたら「はい」をクリックして下さい。 Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート01

  2. 「ファイル」メニューから「スナップインの追加と削除」を選択します。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート02

  3. 「スナップインの追加と削除」から「追加」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート03

  4. 「証明書」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート04

  5. 「コンピュータ アカウント」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート05

  6. 「ローカルコンピュータ」を選択し、「完了」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート06

  7. 「閉じる」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート07

  8. 「OK」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート08

  9. 証明書(ローカルコンピュータ)をクリックして、「個人」「証明書」をクリックして、センターウィンドウに証明書を表示させます。
    バックアップする証明書を選択して、右クリックで「すべてのタスク」「エクスポート」をクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート09

  10. エクスポートウィザードが起動します。「次へ」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート10

  11. 「はい、秘密キーをエクスポートします」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート11

  12. 以下のとおりにチェックをし、「次へ」ボタンをクリックします。
    「正しくエクスポートされたときは秘密キーを削除する」にチェックしてはいけません!
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート12
    【注意】
    純粋なバックアップ用としてエクスポートする場合は、
    「証明のパスにある証明書を可能であればすべて含む」にチェックします。
    「強力な保護を有効にする」にチェックします。

    【注意】
    別サーバにインポートすることを目的としてエクスポートする場合は、
    「証明のパスにある証明書を可能であればすべて含む」のチェックを外します。
    「強力な保護を有効にする」のチェックを外します。

  13. 秘密キーのパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート13

  14. エクスポートファイル名を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート14

  15. 「完了」ボタンをクリックします。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート15

  16. 正常にエクスポートが完了すると、以下のポップアップが表示されます。
    Microsoft IIS 7.0 SSLサーバ証明書エクスポート16

以上でエクスポート作業は完了です。





【ご注意】
この文書に記載されている情報は予告なしに変更されることがあります。 この文書に記載されている情報に従ってユーザが操作を行い、いかなる損害を被ろうとも、当社は一切の責任を負いません。 また、ユーザは自己の責任において使用する事に同意したものとみなされます。
-